www.buy-ultracet-online.com

ナビゲーション: トップ > デイトナの歴史

デイトナの歴史

1959年にロレックスの中でも最高機種であるデイトナが誕生しました。
デイトナという名前の由来は「デイトナ・インターナショナル・スィードウェイ」という有名な24時間耐久レースから取った名前になります。

カーレース用にサーキットを意識して開発されたモデルなので、スポーツ的なイメージが強いと思います。
一般発売されたのは1961年ですが、当時誕生したばかりのアメリカ最大のサーキットの名前をつけたのはただPR効果を狙っただけと言われてますね。
これもロレックスらしい戦略というか、とにかくこういうところも抜け目ないロレックスだなと。

デイトナの特徴はなんといってもクロノグラフ機能がついていること。
他メーカーもクロノグラフモデルはとても人気のシリーズ。
それだけニーズがあり、腕時計としての人気は王道と言っても良いのではないでしょうか。

秒、分、時間を測れるのはデジタルでは当たり前ですが、機械式としてその機能を果たすにはそのメーカーの技術力が問われています。
複雑な機能なだけに、やはり値段も高いことから、デイトナは高値の華というイメージになってしまいました。

ロレックスの中でも別格の金額になってしまうデイトナはロレックスファンであれば一度は憧れるモデルなのではないしょうか。
販売価格で100万円を超えるこのモデルはステータス性としても一番満たしてくれるモデルなのかもしれません。

あとは販売個数が少ないことからも、新品の状態でも買えないという時期が続きます。
販売価格を超えてまだ発売してもないのにプレミアがつくという異常事態さえ見たことがあります。

デイトナ。。。はやり他の時計とは何か何まで別格な気がします。