www.buy-ultracet-online.com

ナビゲーション: トップ > ロレックスの歴史

ロレックスの歴史

ロレックス社の歴史は、起業家であったハンス・ウイルスドルフが1905年にロンドンに立ち上げた「ウイルスドルフ&デイビス社」から始まります。
当初は色々なスイスの腕時計メーカーと提携し、その時計を輸入販売していたものでした。
いわゆる自社ブランドの腕時計を販売していたわけではなく、代理店だったというわけです。

しかしハンスが「ロレックス」というブランド名をつけて自社ブランドの腕時計を販売開始したのが1908年。
時計と言えば懐中時計しかなかった時代に「腕時計」の開発に力を注いだのが天下の分け目。
ここからがロレックスの快進撃の始まりであり、時計史に残る名作を数々と発表することになるのです。

1910年では腕時計で初めてクロノメーターの公式証明書を獲得しました。
クロノメーターとは高性能の証、開発当初から既にロレックスは公式クロノメーターの認定を受けたのはまさに画期的。
ただハンスに関しては発明した時点でクロノメーター認定を受けるつもりだったというのだから大したもんです。

そしてロレックスの画期的な発明が続々と発表されていくのは1926年。
ここで既にねじ込み式の裏蓋からなる完全防水のオイスターケースを発明。
世界初の防水ケースでこれまた特許を取得し、現在でも完全防水に拘るロレックスの拘りはここから始まりました。

そして機械式腕時計の自動巻き機能を発明。
更にカレンダー表示が小窓で表現したデイとジャスト機能。

今となっては当たり前の機能は全てロレックスからスタートし、いかに実用時計として便利に使えるかを追求した結果が、現在の地位を物語っていると思います。